受託開発では、正社員であるエンジニアによって

信頼性の高いサービスをご提供しています。
組み込みソフトから、通信インフラ、ビジネス・アプリケーションといった

幅広い業務ノウハウをご提供できます。
開発手順の標準化により、お客様への開発工程や進捗といった情報の透明性を高め、

品質の向上や納期を保証しています。

 

プログラム受託開発の流れ


小さい商品のプログラム開発から大規模なシステムのプログラム開発までといろいろなパターンがあります。

共通する仕事の手順は、まず「顧客との打ち合わせ」から始まります。

今までにない物を作るわけですから、「プログラムの仕様決定」が重要となります。

顧客のニーズを満足できる仕様書を作成しなければならないので、この「顧客との打ち合わせ」、 「プログラムの仕様決定」がいわゆるSEと呼ばれる人の腕の見せ所になります。

さらにSEは、決定した仕様からプログラム設計書を作成します。

これを元にプログラマーは、プログラムのソースコードを作成します。 出来上がったプログ ラムは、何回もデバッグされ完成します。

完成したプログラムは、顧客の検収テストに合格すると納品となり、一連の仕事は完了します。